コミュ症の美容師

Haircut

私はつい最近まで、美容師やってました。よくコミュ症なのに美容師なんてやれたよなぁって自分でも驚きですが。美容師なくせに話すの苦手、コミュニケーションとるのも苦手、超マイナス思考の塊。美容師でも人見知りとかしゃべるの苦手な人はいますが、自分対お客さんとであってプライベートではしゃべる人だったりします。

私はプライベートでも話すの苦手です。だから美容師としてはめずらしいかも。なので必要なこと以外はしゃべらず技術に集中していました。美容室では、静かに過ごしたい。本読みたい。あまり話しかけられたくないとゆう方が以外に多いので。こんな私でも、有難いことに指名をいただくことができました。

アシスタントの頃は、しゃべれしゃべれと先輩によくいわれましたが、なに話していいかわからないし。相談すると「なんでもいんだよ」とか「天気の話とかでもさ」でも「今日いい天気ですねー・・・」すぐ終わっちゃうし。今日の天気なんて、そんなことどうでもよくない?って思っていました。話の引き出しを増やすためにいろんな本読んだりもしましたが、話ベタって話続かないし、頑張って無理にしゃべると無理してる感がでちゃうと思うんです逆にお客さんに気を使わせてしまい、疲れちゃうんじゃないかとか思ってました。

だから、スタイリストになってからは話すのは最初のカウンセリングくらいで後はひたすら技術に集中してました。静かに過ごしたい方もいれば、話したい方もいます。静かに過ごしたい人の場合ひたすら技術に集中できるし話を聞いてもらいたい人の場合は話を聞いていればいいので楽なのですが。会話したい人の場合それだけで結構疲れてました。仕事だから仕方ないですね。

先輩の中には、接客業なんだから演じなさいとゆう人もいました。お金いただいているんだから、来てくれたすべてのお客さんに喜んで帰ってもらいたいし。いい店だった、また行きたいと思ってもらえるように。すごい大事な事だし、確かにそう思います。なら出来ないじゃなくて、やれ!ってゆわれました・・・

でも、いろんな性格があるように、普通にできる人もいれば、出来ない人もいるわけで努力がたりないとか、逃げてるとか、やろうとしてないだけでしょ?って思う人もいるだろうけどそうゆうのとはちょっと違うやろうとしてるし、やらなきゃって思うけど出来ないんです・・・昔からずっとこの性格を、悩んで嫌だなって思ってきました。

美容師なんて絶対無理だし諦めようて思ってたけど、なにか作るのは好きである美容師さんに相談したら話せるようになるし大丈夫って言われてやってみることにしました。何年も怒られたり練習も大変だし何度も辞めたくなったけど、カット出来るようになってからが楽しくてスタイリストになって、こんな私でも指名してくれる人がいて嬉しかったしやって良かったと思いました。

スタイリストになってから、全部の人に好かれるなんて絶対無理だからと割りきるようになりました。いいと思ってくれる人もいれば、嫌って思う人もいるし。だったら自分の事をそのままでもいいって言ってくれる人だけいればいい。

いろんな人に好かれた方が指名も増えますが無理して働くよりも、自分にあった無理しないで働く働き方を選ぶのもひとつの手なんだなと思うようになりました。これが正しいのかわかりませんが、自分らしく生きていきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする