美容院が苦手な人が話さないですむ方法とは

困った顔

美容室が苦手な人は

  • 話かけられるのが苦手
  • 興味ない話をされて返答に困る
  • 会話が続かなくて無言が気まずい、けどなに話したらいいかわからない
  • 気を使ってしまい逆に疲れる
  • プライベートなことは話したくない

苦手な理由としてはこんなかんじでしょうか。私も美容院が苦手ですが、理由はこんな感じです(;´・ω・)

初めての所はとても緊張します。今回は美容院での会話が苦手な人が無理に話さないで静かに過ごせる方法と美容師として働いてみて、美容師はなぜしゃべりかけてくるのかについて書いてみました。

スポンサーリンク

美容師は、なんで話しかけてくるのか

緊張をほぐしてリラックスしてもらう為

初めて行く美容室ってすごい緊張しますよね。だから美容師側としては、まず緊張をほぐす為に話しかけます。第一印象って出会ってから3秒ぐらいで決まってしまうそうです。私はすごい苦手でしたが、先輩から第一印象は大事だからとにもかく笑えって笑顔でやりなさいとよくゆわれました(;・∀・)

喋りが下手な分どこで印象よくするかといったらそこしかないですもんね。だからなるべく最初に良い印象をもっていただけるように気をつけました(;´Д`)

気まずい雰囲気を避ける為

雑誌も読まずにじっと見られると気まずいので、とりあえず話しかけます。そうすると話したいお客さんは話すし、話したくないお客さんは話しかけないでほしい雰囲気をかもしだすのであまり話しません。カットしてる所をみていたい人もいますよね。

私は美容院に行くと雑誌は読まないでカットしてるとこをじっと見てしまいます。雑誌読んでも集中できなくて中身が頭に入ってこないのと、どんな風にカットするか気になってしまうからです(´・ω・`)

お客さんの事を知って理想に近づける為

  • 仕事なにしてるか
  • どんな雑誌読むか
  • 服はどこで買うか
  • 休みの日なにしてるか
  • これからどうするか

などなど、よく聞かれると思います。めんどくさいですよね(;´・ω・)

お客さん的にはプライベートな事や世間話なんて話したくないって思う人もいると思います。
私も話したくないし苦手。髪の事だけ聞いてくれればいいのにって思います。

でも美容師側からすると、話しをしていくなかでお客さんの事を知れた方が好みの髪型や理想に近づけやすいとゆうこともあります。髪の悩みとかも聞き出せたりするので、もっと違った髪型のアドバイスや提案ができるかもしれません。

でもなんか疲れちゃう話したくないし、静かに過ごしたい。髪切ってくれればそれでいいから

話したくない場合どうしたらいいのか

目を閉じる・文庫本を持ってきて読む

この二つは邪魔したら失礼なので多分話してこないと思います。雑誌を読むのも手ですが、雑誌を読んでいても例えば情報誌とかだと「これ美味しいですよねー」とか話しかけてくる美容師さんがいるので危険です(;・∀・)

ネット予約で前もって伝える

ホットペッパービューティのネット予約は結構便利です。「接客の要望」で静かに過ごしたいとゆう項目があるのでチェックすれば美容師も必要な事以外は話してきません。「要望・相談」を書くところがあり、話すのが苦手ですって書いてるお客さんもいました。直接は言いにくい事が事前に伝えられるので便利ですよね。

私はホットペッパービューティーをよく利用していますが、1番いいところは電話で予約するのが苦手なので電話しなくていい所です。他にも美容院の事が詳しくかかれていたり、ヘアカタログで髪型をいろいろ見ることができます。気に入った髪型があれば予約画面で「なりたいイメージ」として画像を貼り付けて予約できるのもいいですね。

店の内装やお店の人が切ったスタイルなどもチェックできます。どんな人に切られるかわからないと怖いですよね(;・∀・)スタッフの写真も載っていて、ブログや口コミもあるので結構参考になります。

大型店は人が沢山いるし隣同士席が近くて落ち着かないので、席の間隔が広い作りや個室風なお店が理想的です。そんなとき便利だなと思ったのがサロンの雰囲気で検索してお店を探せるところ。「少人数のプライベートサロン」・「リラックスできる個室ありサロン」などで探せるので求めているお店がみつかりやすいです。これはおすすめ。

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

1000円カットを利用する

千円カットって、時間との戦いみたいなとこがあります。早く切って回転率をあげてかないといけないのでしゃべる暇なんてありません。だから美容室で話すのが苦手な人はいいと思います。

1000円カットって早い・安い・雑・下手・技術がないダメな美容師の働く所、美容師の墓場などといわれていたり、私も実際に自分が1000円カ...

まとめ

アシスタントのころって、とにかくしゃべれと先輩に言われます。今しゃべれなかったら、スタイリストになってから苦労するからと言われてました(;´・ω・)

だから、なんかしゃべらなきゃってゆうのがあって、アシスタントのころはシャンプーのときも話しかけなさいと言われてました(T_T)シャンプーしながらしゃべるのって、結構息苦しいし、どこまで洗った途中でわからなくなるので意外と大変です。

シャンプーしてもらうのって気持ちいいし、ぼーっと過ごしたいと思う方もいると思います。そんな時はそっけない返事をする、眠くなってきたと言う、寝てしまってもいいと思います。

美容師さんも話すのが得意な人ばかりではなく、苦手な人も結構います。話さないでいい人は楽だし、技術に集中できるので助かりました。話したくないんだろうなってゆうお客さんは、なんとなく雰囲気でわかるので美容師さんもそんなには話しかけてこないと思います。

リラックスして過ごせる自分に合った美容師さんは絶対いると思います。もしかしたらまだ出会ってないのかもしれないので諦めないで探してもらえたらと思います(´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする