顔の形別似合う髪型とは

Haircut

自分に似合う髪型がわからない、この髪型素敵だけど自分は似合うのかな?そうなふうに思ったことはないでしょうか。今回は、顔の形別に似合う髪型について書いていこうと思います。

まず、顔の形は卵型、面長、丸顔、ベース型、逆三角に分けられますがその中でも卵型は、どんな髪型でも似合う理想的な顔の形です。

この卵型に近づける為、髪型のシルエットをひし形に近づける事が大切です。
ひし形シルエットにすることにより、バランスよく小顔効果にもつながります。

スポンサーリンク

顔の形別似合う髪型とは

面長

面長は顔の横幅よりも縦幅が長いので、縦幅を短く見せる工夫が大切です。
そのために横に広いひし形を作ってあげることにより、バランスがよくなります。

トップはボリュームをださない

ボリュームをだすと、より縦に長いのが強調されてしまいます。

サイドはボリュームをだす

頬の横あたりからボリュームをだしてあげることにより卵型に近づいて
バランスがよくなります。

前髪は、センターでわけない

センターでわけると、よけい面長が強調されてしまいます。
センターではなく左右どちらかにずらしてあげた方が、顔が長くみえずらいです。
前髪をおろす場合は、厚め重めでや幅広めにとってあげた方が縦幅が減るので
卵型に近づきバランスよくなります。

ストレートよりは、パーマをかけた方が似合う

ストレートだと顔が長くみえるので、ショートやボブには、毛先ワンカール。
ミディアムやロングには、ゆるめでふんわりくらいパーマをかけてあげた方がボリュームも出るし柔らかい印象とひし形シルエットでバランスよくなります。

丸顔

丸顔は、縦幅と横幅がほぼ同じくらいなので、縦幅を長く見せる工夫が必要です。
そのため縦長のひし形を作ってあげることにより、バランスがよくなります。

トップはボリュームをだす

トップに高さをだすことにより、縦長シルエットになり卵型に近づきます。
カーラーでトップだけ巻いてあげるだけでも、ボリュームが出てサイドとの
バランスがとれます。

サイドは、ボリュームをださない

横幅が広がってしまうと、余計顔が丸くみえてしまいます。
耳横はあまり広がらないようにして、肩あたりが広がるようにするとバランスが良くなります。

頬を隠す

頬にかかる毛を残すことで、顔の左右の幅が隠れ縦に長さがでる分
丸顔がほっそりしてみえます。

前髪は、重め、幅広めはダメ

顔に長さがないので、重めは幼い印象になりやすく、幅広めは丸さを強調しやすくなります。
サイドに流したり、軽めにして隙間を作ってあげることにより縦長にみせることができます。あまり重いスタイルよりは、少し軽くみえるひし形シルエットにした方がすっきりみえます。
重いと幼く見えがちなので、少しシャープさを加えた方が大人っぽい印象になります。

ベース型

エラとハチが張っていているので、横幅が広く見えてしまいます。
なので縦幅を長く、エラとハチの張りを目立たなくすることで
ひし形シルエットに近づけます。

トップはボリュームをだす

ベース型はハチが張っているので、トップに高さをだすことによりハチが目立たなくなり
縦長シルエットになることで卵型に近づきます。

ハチにボリュームはださない

ベース型はハチが張っているので、ボリュームをだすとよりハチが目立ってしまい
頭が大きくなってしまいます。

エラを隠す

ベース型はエラが張っているので、ボブは似合います。顔周りに長さを残しエラを隠すことで輪郭がきれいな卵型に見えます。エラの周辺にゆるくパーマをかけたり、全体的にふんわりパーマをかけて動きをだすこともエラを隠すのに効果的です。直線的なスタイルは、逆にエラが目立ちます。

前髪は、重め、幅広はダメ

重め、幅広はエラを強調してしまいます。
横幅は狭め、少し隙間を作りサイドに流すことで縦長にみせることができます。
両脇を長めにして、丸くつなげるとベース顔を丸く見せる効果もあります。

逆三角形

ハチが張っていて、顎がとがり気味なので横幅が広くみえてしまいます。
なので縦幅を長く、ハチの張りと顎のシャープさを目立たなくする
ことでひし形シルエットに近づけます。

トップはボリュームをだす

逆三角形はハチが張っているので、トップに高さをだすことによりハチが目立たなくなり
縦長シルエットになることで卵型に近づきます。

ハチにボリュームはださない

逆三角形はハチが張っているので、ボリュームをだすとよりハチが目立ってしまい
頭が大きくなってしまいます。

顎周りにボリュームをだす

顎ラインがシャープなので、タイトにしてしまうとより顎が強調され頭が大きく
見えてしまいます。耳から下あたりに、毛先中心にパーマをかけ動きを出してあげた方が目立たなくなります。
顔周りの長さも、長めに残した方が顎が目立ちません。

前髪は、パッツンはダメ

パッツンは顎を強調してしまいます。軽めや、幅広めにとると優しい印象になります。
斜めにわけることで、顎を目立たなくします。

まとめ

似合う髪型を見つけるのは難しいと思ってしまうかもしれませんが、少しポイントを抑えるだけでも印象が結構変わって新たな自分を発見できるかもしれません。少しでも参考になればとおもいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする